川口

大河「信濃川」と清流「魚野川」の交わる、自然と潤いのまち。

かわぐっち 川口地域は、大河信濃川と清流魚野川の合流部に位置し、二大河川が形成する河岸段丘に拓けた水と緑豊かな地です。古くから舟運による妻有郷(つまりごう)、上田郷への物資運搬の基点として、また、三国街道の宿場として集落を構成し、交通の要衝として栄えてきました。
平成16年に発生した中越大震災における震央の地で、最大震度7を記録。甚大な被害を受けましたが、住民主体による復興活動に取り組み、その過程などを紹介する「川口きずな館」と「震央メモリアルパーク」が、中越大震災メモリアル拠点のひとつとして整備されました。
「魚沼産コシヒカリ」や魚野川から獲れる「鮎」などの食に加えて、「川口温泉」や古くから伝承されてきた祝い唄「天神ばやし」、全国植樹祭が行われた「ふるさとの森」などを活用し、地域づくりを進めます。

「地域の宝」活動記録

 現在活動記録はありません

 イベント情報

 現在イベント情報はありません

全国植樹祭会場を含む「ふるさとの森」

平成26年6月1日に、川口地域が天皇皇后両陛下をお迎えした全国植樹祭のお手植え会場と周辺の川口運動公園のエリアを「ふるさとの森」と名付け、地域住民や関係団体が連携し、地域のシンボルとなるような整備を進めている。

  • 川口ふるさとの森づくり実行委員会川口ふるさとの森づくり実行委員会
  • 第65回全国植樹祭第65回全国植樹祭
  • 全国植樹祭お手植え会場フィナーレ全国植樹祭お手植え会場フィナーレ
  • 御製(天皇陛下が詠まれた句)碑除幕式御製(天皇陛下が詠まれた句)碑除幕式

魚野川と信濃川の河川空間

魚野川と信濃川が合流する川口地域は、古くから川と深い関わりを持ち、今でも川を愛する活動やふれあいを楽しむイベントなどを開催している。この貴重な河川空間は歴史的な面や自然環境の学習の場、観光資源となっている。

  • 河川空間河川空間
  • 川魚のつかみどり川魚のつかみどり
  • 川くだり川くだり
  • 炭火で焼いた鮎の塩焼き炭火で焼いた鮎の塩焼き

天神ばやし

「天神ばやし」は、室町時代に神事の時に歌われた唄が江戸時代の終わりにお座敷の祝い唄に変化したものと言われている。
この天神ばやしを、川口地域の祝い唄として保存と伝承活動を進めている。

  • 平成27年の川口まつりで「天神ばやし」を披露する和南津地区のみなさん平成27年の川口まつりで「天神ばやし」を披露する和南津地区のみなさん
  • 長岡市中央図書館で行われた企画展「天神ばやし」長岡市中央図書館で行われた企画展「天神ばやし」
  • 平成28年の川口まつりで「天神ばやし」を披露する和南津地区のみなさん平成28年の川口まつりで「天神ばやし」を披露する和南津地区のみなさん
  • 川口地域の10地区のみなさんが歌った「天神ばやし」を収録したCD川口地域の10地区のみなさんが歌った「天神ばやし」を収録したCD

TOPPAGE