中之島

∼ 緑から黄金色に ∼  豊かに広がる恵みのまち。

なかのん 中之島地域は、信濃川と刈谷田川に挟まれ、緑豊かな平地が広がっています。肥沃な河川堆積土壌のもと古くから稲作を中心とした農業で栄えてきました。大区画のほ場整備も進み、効率的な良質米の栽培が行われているほか、真っ白な切り口と梨のような歯ごたえの 「大口れんこん」 も有名です。
また、北陸自動車道の中之島見附インターチェンジや国道8号といった基幹交通体系を活かした流通基地が形成されています。
刈谷田川上空で繰り広げられる勇壮な「今町・中之島大凧合戦」や、治水利水事業に尽力した郷土の政治家、大竹貫一翁の記念館などを核として、さらなる交流の拡大を図る地域づくりを進めます。

「地域の宝」活動記録

 現在活動記録はありません

 イベント情報

 現在イベント情報はありません

今町・中之島大凧合戦

毎年6月の第1土曜日~月曜日の3日間、中之島大橋下流の刈谷田川堤防上で行われる、畳約8枚分の大凧が空を舞う伝統行事。
平成27年(2015年)3月には県の無形文化財に指定された。

  • 今町・中之島大凧合戦
  • 今町・中之島大凧合戦
  • 今町・中之島大凧合戦
  • 今町・中之島大凧合戦

大竹邸記念館

郷土が生んだ偉大な政治家、大竹貫一翁の生家。
明治27年衆議院議員に初当選以来、刈谷田川改修や大河津分水路の実現など治水利水事業に尽力された。貫一翁の銅像が建立されている庭園は、「新潟県景勝百選」に選ばれている。

  • 大竹邸記念館大竹邸記念館庭園 春の様子
  • 大竹邸記念館大竹邸記念館庭園 夏の様子と大竹貫一の胸像
  • 大竹邸記念館大竹邸記念館庭園 秋の様子
  • 大竹邸記念館大竹邸記念館庭園 冬の様子

TOPPAGE