小国

雪国の生み出す「小国和紙」。自然豊かな、歴史とロマンあふれるまち。

おぐりん 小国地域は、周囲を山に囲まれた盆地で、中央を渋海川が貫流し、周りに広がる肥沃な平坦地と河岸段丘を形成しています。
基幹産業である稲作は、大区画ほ場で生産組織による効率的な稲作が行われており、地域の伝統野菜である「八石(はちこく)なす」は、長岡野菜としてブランド化されています。
また、300年以上の伝統を持つ「小国和紙」は、国や県の無形文化財に指定されていて、雪を利用して作られる紙は、やわらかな風合いと強さが特徴で、紙すき体験なども行われています。
これらの地域資源をはじめ、約83haの敷地に広がる「おぐに森林公園」など、文化と自然を活かした体験型の交流により、まちのにぎわいを創出します。

「地域の宝」活動記録

 現在活動記録はありません

 イベント情報

 現在イベント情報はありません

小国の森林

【おぐに森林公園】
約83haの敷地に広がる癒しの林間広場。
園内にはキャンプサイトやバーベキュー場を完備。宿泊施設「延命山荘」やトロン温泉「養楽館」もあり、交流体験館では各種体験を行っている。

【小国和紙】
小国和紙は、手漉き和紙としては比類なき強靭性と清楚な美を保持しており、その抄造の工芸技術は貴重なものと評価されている。国では無形文化財の記録選択に、新潟県では無形文化財に指定している。

  • おぐに森林公園 林間広場おぐに森林公園 林間広場
  • 森のコンサート森のコンサート
  • おぐにトレールランニングおぐにトレイルランニング
  • 小国和紙小国和紙

TOPPAGE