山古志

美しい日本の原風景がそこに。 勇壮な牛の角突きと錦鯉のまち。

小太郎 山古志地域は、周囲を山で囲まれた山間丘陵地で、地域内のほとんどが傾斜地です。
谷底から山頂まで階段状に耕作される棚田や棚池の風景は、「日本の原風景」と称されています。
こうした景観は、文化庁の農林水産業に関連する文化的景観の重要地域に選ばれました。
そのほか、発祥の地として200年の歴史を有する「錦鯉」は市の魚に、千年の歴史がある「牛の角突き」は国指定重要無形民俗文化財に指定されています。
平成16年に発生した中越大震災では、甚大な被害を受け全村避難を余儀なくされましたが、「帰ろう、山古志へ」を合言葉に地域を再生してきました。
やまこし復興交流館「おらたる」をはじめ、被災からの経験と地域資源を活かし、交流による地域づくりを進めます。

「地域の宝」活動記録

 現在活動記録はありません

 イベント情報

 現在イベント情報はありません

山古志の棚田・棚池

山古志地域全域が棚田・棚池の織りなす幻想的で美しい風景となっている。
山々の山頂近くまで開墾されている地域は珍しく、「日本の原風景」である。

  • 棚田・棚池風景棚田・棚池風景 夏
  • 棚田・棚池風景 冬棚田・棚池風景 冬
  • 錦鯉錦鯉
  • 闘牛闘牛

震災アーカイブス

平成16年10月に発災した「中越大震災」により、山古志地域全域が壊滅的な被害を受けた。
「やまこし復興交流館おらたる」は、地形模型シアターをはじめとする震災紹介スペースや総合窓口となっている。

  • 2015 山古志地域追悼式 復興の灯り2015 山古志地域追悼式 復興の灯り
  • 2015 山古志地域追悼式 山古志小中学生「ありがとう」の合唱2015 山古志地域追悼式 山古志小中学生「ありがとう」の合唱
  • やまこし復興交流館おらたる 来館者5万人達成やまこし復興交流館おらたる 来館者5万人達成
  • 防災運動会防災運動会

TOPPAGE