イベントレポート

雪の中で遊んで食べて、雪の川口を夜まで満喫
2019年2月23日に川口運動公園で「えちごかわぐち雪洞火ぼたる祭(せつどうひぼたるさい)」が開催されました。 関越道 越後川口ICを降りて約10分。道路脇の雪壁がどんどん高くなっていく高台に会場はありました。今年は雪が少ないとはいえ、さすが川口。会場も、会場からの眺めも、まだまだ一面の銀世界!

会場を見渡すと、巨大なすべり台、ずらりと並んだ「うまいもの屋台」、中央にはモニュメントのような大きな雪山がそびえ、右手の雪原にはキャンドルを覆う小さなかまくらが広がっています。
奥の雪原スペースでは、「雪積み合戦」と「宝さがし」を開催。イベントの最後を飾るのは雪上花火と、催し物がてんこ盛りの一日。晴天にも恵まれ、初参加のお祭りに期待が高まります!

東川口の「天神ばやし」でお祭りスタート
12時になり、最初にステージで披露されたのは、「越後長岡 地域の宝」にも選定されている「天神ばやし」。 川口に伝わる祝い唄で、各集落にそれぞれの天神ばやしが根付いているそうです。 東川口地区の皆さんが朗々と唄い上げた見事な天神ばやしは、なんだか縁起のいいおめでたい雰囲気! お日様も顔を出して、晴れ晴れした雰囲気の中、お祭りがスタートしました。

  • 東川口地区の皆さんが唄う天神ばやし

集落によって微妙に異なる個性豊かな天神ばやし
お祭りのトップバッターとして出演された東川口地区総代の星野晃男さんにお話をお聞きしました。

  • 東川口地区総代の星野晃男さん 天神ばやし・東川口地区総代の星野晃男さん
  • 東川口地区の皆さんが唄う天神ばやし 東川口地区の皆さんが唄う天神ばやし

■「天神ばやし」は十日町や魚沼など他の地域にもありますが、川口ならではの特徴というのはありますか?
川口でも、各集落で歌い方も歌詞も若干違ったりするんです。地域全体で統一するというのはなかなか難しい。ですから各集落ごとに伝承していくために、各集落がその地区の行事の中で唄い続けています。
『越後長岡 地域の宝』に選定されましたので、各集落が以前にも増して力を入れています。女性の方や次の世代にもっと広げていきたいと考えてます。

■元々は五穀豊穣を祈るご神事の際に唄われたものだそうですが、現在はどのような場で唄われているのですか?
昔のことは私もよくわからないですが、今はお祝いの場、新年会などいろんな行事の場で唄いますね。唄った後に無礼講みたいな感じになります。天神ばやしがないと始まらない、という感じです。

■皆さん唄えるのですか?
歌詞カードや楽譜があるわけじゃないので、耳で覚えて、声を出して、実際に唄いながらでしか伝えられない。いろんな場を使って、みんなで一緒に唄い上げるという形で覚える。今まではそういうやり方しかなかったんですが、今DVDを製作しています。川口の各集落の天神ばやしを収録しますので、それでさらに広げていければと思っています。

■星野さんもそういう風に、見よう見まねで覚えられたのですか?
職場とか、新年会とか、集落の行事の中で。違う集落に行くとちょっと唄い方が変わるので、戸惑うこともありました。それくらい集落によって異なっているのが特徴かなと思います。

■星野さんはどのような思いでこの活動をされていますか?
昔は普通に唄っていたんですが、『地域の宝』に選定されてからは、前とは違う気持ちで、若い世代にもっと広めたいと思うようになりました。 今は、若い人たち、例えば消防団なども新年会やいろんな場で唄ってくれているようです。
あとは子どもたちにも唄い継いでいきたいですね。『地域の宝』としてみんなの思いを凝縮して伝えていけるのではないかと思うので、そういう場も作っていければと思っています。

食欲をそそられる「うまいもの屋台」エリアをさまよう…
お昼時ということもあり、大にぎわいの屋台スペース。 地元の食材を使った温かい汁物や煮物、串焼きのほか、ピザや定番の焼きそばなど、食欲をそそられる美味がずらり。 どれにしようか迷いに迷って、端から端まで何往復もしてしまいました……。屋台はやっぱり楽しい!

大人も子どもも白熱の「雪積み合戦」!
目玉イベントの一つ、「雪積み合戦」は、1チーム5人編成で、制限時間内に一番高く雪を積み上げたチームが勝ち、というシンプルなルール。 ですが、これがなかなかに熱い! 4チームが参加した「小学生の部」、その後の「一般の部」には16チームもの参加があり、その眺めは壮観の一言! スピード勝負ながら、積み方やチームワークなど頭脳プレーの色も濃く、各チームの進捗を見比べていると30分という時間があっという間。真剣な中にも笑いがあり、参加者もギャラリーも楽しみながら熱中していました。

これから出場されるというチーム「おーしま家」の皆さんに意気込みをお聞きしました。

  • 「おーしま家」の皆さん 「おーしま家」の皆さん
  • 東川口地区の皆さんが唄う天神ばやし 去年の雪積み合戦で初めて出会い、
    半年の交際を経てゴールインした
    「雪積み婚」のSさん夫婦

■今日はどちらから?
長岡から。あとは小千谷、柏崎、見附、長岡! 川口! 東京もいます。山梨も!

■地元の人も県外の人も。今日のイベントのために集まったんですか?
そうです。

■今日は雪積み合戦に出るのですね。全部で何人ですか?
1チーム5人で、3チームあるので15人です。

■「おーしま家・本家」は去年の雪積み合戦で優勝されたそうですが、今年の目標は?
なかなか大変だと思うので、優勝だけでいいです。謙虚な気持ちで(笑)。

■今年の印象はいかがですか?
今年は雪が少ないので、積むのが大変だな〜と。

■雪積み合戦以外では何が楽しみですか?
焼鳥が楽しみです。『美よし』さんの焼鳥がすごいおいしいんですよ。あと能登産のカキ、ひげにんにくもチェックしてます!すべり台も面白そうです。

■花火はいかがですか?
もし体力が残っていれば(笑)。雪積み合戦でもう疲れ切っちゃうので……。

結果は「おーしま家・本家」が最高で7位とちょっと残念でしたが、「おーしま家」の各チームとも全員が全力で楽しそうに取り組んでいた姿が印象的でした。お疲れ様でした!

「雪上宝さがし」は大行列
雪原に埋まっている「お宝」アイテムを探す、これまたシンプルなゲーム。 アイテムは交換所で「お宝」と引き換えになります。何が当たるかはお楽しみ♪ 引き換え所はたくさんのお子さん連れのファミリーで大行列でした。

すべり台やマジックショーなど、催しあれこれ
会場では他にも、ミニ道路パトロールカーの乗車やこどもたちの記念撮影、子どもも大人も食いついていたマジックショー、 長岡市のヒーロー「ソイガイヤー」との握手会や撮影会など、さまざまな年齢の子どもたちが楽しめるアトラクションが用意されていて、 元気に走り回る子どもたちに元気をもらいました(笑)。

「ジャンボすべり台」では、ボートのようなスノーチューブに乗ってスロープを大滑走。 なかなかの急勾配&ハイスピードで、付き添いの親御さんたちも一緒になって楽しんでいる様子(笑)。 しっかり受け止めてくれるスタッフさんがたくさんいるので、子どもたちも安心してガンガン滑っていました。

豪華賞品を狙える 「シールラリー抽選会」に大盛り上がり
屋台利用1回orメッセージキャンドル1個購入ごとにもらえるシールを3枚集めると参加でき、台紙の番号が呼ばれると賞品が当たるという「シールラリー抽選会」。 隠れた人気の(?)恒例イベントなのか、時間になるとステージ周辺に人だかりができ、ビンゴ大会のような盛り上がり。 ここで初めて「シールラリー抽選会」の存在を知った私は、心の中で激しく地団駄を踏みました。

3,000円の商品券が30名に当たるなど当選人数も多く、なかなか太っ腹な企画。 賞品がどんどん豪華になっていくにつれ、台紙を握りしめる大人たちの目が真剣味を増していく……(笑)。 初めてこのイベントに行かれる方、屋台グルメが好きな方はぜひ抜かりなく。

「火ぼたる」の点灯で幻想的な雰囲気に包まれる
夕方になると、雪灯り・雪灯り回廊に火が灯ります。日が落ちてくるにつれ、雪の中に灯る柔らかいキャンドルの火が浮かび上がり、徐々に幻想的な雰囲気に。 夕方からはさらに来場者が増え、雪原に広がる雪灯りをバックに撮影を楽しんでいました。とっぷりと日が暮れると、フィナーレの花火を待つ観客で会場が埋め尽くされていきます。

大迫力の「雪上花火」でフィナーレ!
18時を過ぎると、待ちに待った雪上花火がスタート。公園の敷地内という近距離で打ち上げられるため、ものすごい迫力!! さらに今年は長岡花火財団との初コラボということで、例年以上にパワーアップした内容となったようです。 打ち上がる花火はどんどん高く大きくなり、そのうち真上を見上げるような格好に。 10分間にわたって夜空を彩る花火と、雪原に広がる雪灯りが織りなす華やかな光景に、寒さも時間も忘れて見入りました。 最後はBack Numberの「ヒロイン」が流れる中、大きなスターマインが冬の夜空に大輪の花を咲かせ、拍手喝采の中、「えちごかわぐち雪洞火ぼたる祭」は幕を閉じました。

イベント会場からの帰り道、町中の沿道にもたくさんのキャンドルが灯り、なんだか町全体に見送ってもらっているようで、イベントの余韻に浸りながら温かい気持ちで川口を後にしたのでした。

インタビュー

来場された方々に感想をいただきました。

  • ワタナベさん ワタナベさん

■今日はどちらから、誰と来ましたか?
阿賀野市から友だちと5人で来ました。ちなみにこの子は僕の子じゃなくて友だちの子です(笑)。

■このイベントは初めてですか?
初めてです。今日開催のイベントを探していて、いくつか候補があったんですが、子どもが一番楽しめそうなのがここかなと。

■来てみての感想はいかがですか?
結構人が多くて、にぎわっているなと思いました。

■今日はいろんな催しがありますか、どれが楽しみですか?
宝さがしがあるみたいなのでやりたいですね。すべり台は行きたくないって言ってました(笑)。

■屋台では何かおいしいものはありましたか?
もち豚、豚汁、モツ煮とか。結構食べましたね(笑)。

  • ムラヤマさんファミリー ムラヤマさんファミリー

■今日はどちらから、誰と来ましたか?
十日町から家族4人で。ダンナが今日ここで仕事なので、ついて来ました。

■このイベントは初めてですか?
はい。

■来てみての感想はいかがですか?
まだ来たばっかりでよくわからないんですけど、これから会場をゆっくり見て回ろうと思います。

■お目当は何かありますか?
すべり台が楽しみで来たのですべり台は行きたいです。


  • カワダさんファミリー カワダさんファミリー

■今日はどちらから、誰と来ましたか?
長岡から、家族3人で来ました。去年も来たので2回目です。

■リピーターですね!
イベントのスタンプラリーで、これで3つ目なのでさっき景品もらいました(笑)。屋台の窯焼きピザ食べたいです。

■去年と変わった印象はありますか?
広場のスペースが去年より広くなってます!

■リピートした理由は何ですか?
去年、キャンドルに火を付けるのを手伝ったんですけど、それが楽しかったです。多分暇だったんです(笑)。あとは花火まで焚き火でずっと暖をとってました。できれば今年もやりたいです(奥さま)
去年一番印象的だったのは、やっぱり花火。近くで上がるのですごい迫力がありました。もし余裕があれば今年も花火まで見たいです(旦那さま)

以上、えちごかわぐち雪洞火ぼたる祭のレポートでした!

川口の魅力をアンバサダーさんの写真で紹介♪

 カメラを持って地域の宝を撮りに出かけてみませんか?

  • えちごかわぐち雪洞火ぼたる祭『えちごかわぐち雪洞火ぼたる祭』
     おおはらさん
  • 川口まつり『川口まつり』
     ヒロ店長さん
  • 『魚野川と信濃川の合流地点』
     まりんさん
  • 『川口運動公園・パンダの遊具』
     片桐@長岡市さん

TOPPAGE